よくある質問

ALL

  • 申請書類の提出方法について教えてください。
  • 申請書類のファイルはPDF形式でアップロードしてください。ファイルサイズの上限は100MBです。なお、アップロードするファイルにパスワードは設定しないでください。

    ファイルのアップロードについては,研修・審査ポータルにログイン後に説明されています。

    2022.8.17掲載

  • 電子署名に指定のツールはありますか?
  • 様式1の署名に電子署名を採用される場合は,Acrobatでの電子署名としてください。それ以外のツールによる電子署名については動作確認ができておりませんので,使用しないでください。

    2022.8.10掲載

  • 様式1の「5. 機関(部局に属する申請者の場合は,部局)の常勤研究者数」にいう「常勤研究者数」について、研究機関ではない組織に出向・異動していた場合、どのように記載したらよいですか?
  • 「常勤研究者数」については、あくまで字義通りに捉えてください。

    2022.8.10掲載

  • 認定URAの審査書類 業務経験説明書(様式1)の「8.所属長(以上,あるいはそれに準ずる関係者)の署名」について,(異動あるいは退職により)在職時の所属長の署名を得ることができないので,代わりに人事部(課)が発行する「従事証明書」でよいか?
  • 項目8の所属長の署名には,その前に申請者が記載した業務内容が正しいことを証明してもらう意図があります。そのため,一般的な従事証明書では不十分です。ただし,申請者が記載した内容を確認し,その記載内容が事実であることを組織として認めるのであれば,組織を代表して人事部(課)の長の署名又は捺印でも構いません。
    なお,署名をする方は,「所属長(以上,あるいはそれに準じる関係者)」となっているように,かつての所属長である必要はありません。
    例えば,それに準じる関係者として,かつての所属長と同等以上の地位にいる現職の方が,人事部(課)に代わり署名することも考えられます。
    他の部署に異動された元所属長(以上,あるいはそれに準ずる関係者,以下同様),他の法人に移動された元所属長又は退職された元所属長に依頼する場合は,所属長であった当時の肩書(○年○月~○年○月を記載)で署名をもらってください。

    2022.8.4掲載

  • 認定URAの審査書類 業務経験説明書(様式1)の過去の業務と所属長の署名の考え方について
  • 業務経験説明書(様式1)は,申請者の申請者の URA 業務の経験が直近の過去3年以上あることの確認と,その内容と量が基準を満たしているかの判断に用いられるものです。そして,所属長等の署名については,そこに記載されたURA業務経験が事実であることの確認のために求めるものです。

    これらを踏まえ,業務経験説明書(様式1)への記載事項について,過去 3 年以内に異動等があった場合は,過去の所属長(以上,あるいはそれに準ずる関係者)の署名も必要とします。この過去の異動等について,出向あるいは兼業時の業務経験を様式1に記載する場合は,出向先あるいは兼業先の所属長(以上,あるいはそれに準ずる関係者)の署名も必要となります。

    また,附則に基づき,我が国の大学等以外での経験年数の1/2をURA業務の経験年数に算入する場合は,合計して3年以上に必要な期間の所属長(以上,あるいはそれに準ずる関係者)の署名が必要です。

    2022.7.28掲載

  • URA業務の内容にはどのようなものを含むのでしょうか。
  • URA業務は多岐に渡り,厳密に定義することができません。URAスキル認定制度では、URA業務を広く捉えることとし,各人の業務がURA業務と考えられるか否かについては,当事者と周りの関係者の判断を尊重することとしています。

    2022.7.28掲載

  • 旧姓を使用できますか?
  • 業務等で旧姓使用をされている方がお申し込みされる場合は、ご自身の判断で旧姓か戸籍上の氏名をお選びください。結果を利用される際に活用しやすい方をお選びください。

  • 制度の対象はURAだけなのでしょうか?
  • このURAスキル認定制度においては、所属機関や部署、職名で認定対象を限定するのではなく、その人がどういう業務に従事しているか、という視点で認定対象であるかどうかを判断します。その業務範囲はURA人材の定義に当てはまると考えられるものです。所属等を問わず、申請者がそのような業務に従事していれば、どのような職、身分であっても認定対象となります。逆に、URAという職名であっても、URA人材に書かれている業務に従事していないのであれば、認定の対象とはなりません(評価できません)。

  • 申請書はどのように管理されるのでしょうか?
  • 提出された申請書については、個人情報保護規定に基づき厳格に管理し、保存期間終了後に破棄します。ファイルにはパスワードを設定するなど最大限の対策を講じます。

  • 領収書は発行できますか?
  • 入金後に研修・審査ポータルのユーザー履歴からダウンロードできます。

  • 受講期間(申請期間)をうっかり忘れていたため、受講(申請)できませんでした。この場合、返金いただけるのでしょうか?
  • 受講料・審査料をお支払いいただいた後は、返金はできません。

  • 受講料(審査料)を支払いましたが、都合が悪くなりました。受講(申請)をキャンセルできるのでしょうか?
  • 受講料・審査料をお支払いいただいた後は、キャンセル及び返金はできません。

  • 受講料・審査料の支払い方式は、どのようなものがありますか?
  • 2022年度前期Coreレベルからクレジットカード決済,pay-easy,コンビニ払いが利用可能になります(2022/5/10現在)。

  • 審査に申し込みましたが上長の署名が得られません。署名がないまま申請してもいいでしょうか?
  • 署名がないものは書類不備として審査に付されません。またそれによる受審料の返金もありませんので、申し込み前に協力を得られること、書類提出期限までに署名を得られることを確認してから申し込みをしてください。

  • 認定結果はどうやって確認するのですか?
  • 申請者へ認定結果が決定した旨の連絡をします。その通知に基づき研修・審査ポータルで結果を確認してください。

  • 申請書類はどうやって提出するのですか?
  • 研修・審査ポータルにログインしてPDF形式でアップロードしていただきます。

  • 審査の申し込みができないのですが?
  • 審査に申し込める人は、研修修了の要件を満たしている人です。研修を修了していない人にはメニュー画面に表示されません。

  • 研修はどうやって受けるのですか?
  • FundamentalレベルとCoreレベルの研修は,全てオンデマンド方式で提供します。受講される人の都合の良い時間に受講してください。ただし、お申し込みいただいた受講期の受講期間を過ぎるとコンテンツの閲覧ができなくなります。受講に必要なインターネット環境やPCは受講される人で用意していただく必要があります。

  • 確認テストを受けて合格しましたが、もう一度受けることができそうです。その場合満点を目指してもう一度受験してもいいでしょうか?
  • 現状、システム上、2回確認テストを受験することができますが、最後に受験した結果が記録として用いられます。したがいまして、1回目の受験で合格した人はそれ以降の受験は絶対にしないでください。1回目の受験で合格していたにも関わらず、2回目を受験して不合格になった場合、当該科目は不合格として扱われますのでご注意ください。

  • 確認テスト受験後は、講義を受講できなくなるのでしょうか?
  • お申し込みいただいた受講期の受講期間中は、基本的にはいつでも受講できます。受講期間終了後は、受講はできません。