機構について

ご挨拶

 リサーチ・アドミニストレーター(URA)を含む研究マネジメント人材についてはその必要性が指摘されており,現在約1,500名以上がURA等として活躍しています。

 平成23年度はじまった文部科学省「リサーチ・アドミニストレターを育成・確保するシステムの整備」事業においてURAが広く周知され,さらに平成25(2013)年度には文部科学省「研究大学強化促進事業」によりURAの配置が大きく進展しました。

第4期科学技術基本計画以降,URAについて言及が続いており,第6期科学技術・イノベーション基本計画においてもURA等のマネジメント人材の重要性と専門職としての質の担保,処遇の改善が強く指摘されています。

 こうした状況を踏まえ,リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会が取りまとめた「リサーチ・アドミニストレーターの質保証に資する認定制度の導入に向けた論点整理」において,専門性を踏まえた研修の実施と専門性・スキルの可視化の必要性とそれを実現するための観点が提言されました。この論点整理を受け,令和元年から,URA関係団体(リサーチ・アドミニストレーター協議会,研究大学コンソーシアム,学術研究懇談会,大学技術移転協議会,多能工型研究支援人材育成コンソーシアム,医療系産学連携ネットワーク協議会,科学技術振興機構)の多大なるご協力を得て,本制度の検討を進めてまいりました。

 本機構は,この検討の結果として構築されたURAスキル認定制度を実施する機構として設立されました。URAの役割は多様であり,配置する機関の特性により業務内容も多岐にわたっています。また,今後は大学等研究機関だけではなく社会と連携した研究,未来のための研究が求められ,より多くのステークホルダーを巻き込んだ研究活動が求められます。こうした研究を支えるURAの役割は一層重要になってまいります。本機構はこの未来の研究活動を支えるURAのスキル向上に資する体系的な研修と所属特性に左右されない統一的な基準に基づくスキル認定を行うことで,URA個人のキャリア形成を支援するとともに,我が国全体の研究力強化に貢献してまいります。

 引きつづき本制度並びに本機構に対する皆様の温かいご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

山本 進一

生年月  昭和27(1952)年7月
最終学歴 昭和59年3月 京都大学大学院農学研究科博士後期課程 修了
学  位 昭和59年5月 農学博士(京都大学)
専門分野 森林生態学

略歴

昭和62年4月      岡山大学 農学部 助教授 
平成8年10月      名古屋大学 農学部 教授 
平成11年4月      名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授 
平成14年4月      名古屋大学 大学院生命農学研究科 研究科長、農学部 学部長 
平成16年4月      名古屋大学 理事・副総長 
平成21年4月      名古屋大学 総長顧問
平成21年4月      名古屋大学 高等研究院 院友 (~現在)
平成23年11月    岡山大学 理事・副学長 
平成24年4月      名古屋大学 名誉教授(~現在) 
平成29年5月      岡山大学 名誉教授(~現在) 
平成30年2月      大学改革支援・学位授与機構 研究開発部 教授 
平成30年4月      大学改革支援・学位授与機構 研究開発部 部長(特任教授) 
令和2年4月        豊橋技術科学大学 理事・副学長(研究・国際・SDGs・内部統制担当)(~現在)

役員一覧

代表理事(機構長) 山本 進一

団体会員一覧

一般社団法人 大学技術移転協議会(UNITT)
医療系産学連携ネットワーク協議会(med U-net)
多能工型研究支援人材育成コンソーシアム(多能工)
一般社団法人 リサーチ・アドミニストレーション協議会(RA協議会)

協力団体(仮称)

研究大学コンソーシアム
学術研究懇談会

定款

URAスキル認定機構定款

事業報告・決算

2021年度(準備中)

関連リンク

一般社団法人 大学技術移転協議会(UNITT)
医療系産学連携ネットワーク協議会(med U-net)
多能工型研究支援人材育成コンソーシアム
一般社団法人 リサーチ・アドミニストレーション協議会(RA協議会)
研究大学コンソーシアム
学術研究懇談会
文部科学省